2013年1月15日火曜日

臼杵市役所はそんなにダメか?

コメントいただきました。
http://usuki.blogspot.jp/2012/02/blog-post_5255.html
(以下引用)

臼杵市役所のことで検索していたら辿り着きました。

私は大学を卒業したら、地元の臼杵市役所で働きたいと思っています。

若林議員のブログを読ませていただき、議員の臼杵市に対する熱意を感じました。

ただ、その一方で、臼杵市役所で働きたいという気持ちが萎えてきています。

臼杵市役所ってそんなにダメな市役所なのですか?
市長、職員、そして若林議員以外の議員は皆、臼杵の発展のことをちゃんと考えず、己の保身ばかりを考えている人達の集まりなのですか?
若林議員の記事の中には、優秀な職員もいるという記述も見かけましたが、それはほんの一握りの職員で、あとは全部ダメな職員なのですか?

私がこれまで接してきた臼杵市役所の職員さんの応対が良かったのは、全て上っ面だけのことで、一皮むけば若林議員のおっしゃるようなダメ職員ばかりなのかと思ってしまいました。

私と同じように、臼杵市役所の職員を目指す人が若林議員のブログを読んだら、臼杵市役所に入って市民のために働きたいという熱意を失ってしまうかもしれません。

近年の臼杵市役所新採用職員は、市外出身者も増えてきていると聞きました。臼杵市役所に入るということは、臼杵のために働きたいという熱意と、臼杵に骨を埋める覚悟を持っているのだと思います。
これからの臼杵市を支えるのが若い人だとおっしゃるのであれば、どうか若い人の熱意と覚悟の芽を摘まないでください。

若造の戯言だと受け流していただいても結構ですが、もし私のコメントを今後の活動の参考にしていただけるのであれば、市役所の良い面も書いていただけると助かります。(これまでの記事を読ませていただいたところ、良い面:悪い面=1:99ぐらいのように感じました。)

-------引用ここまで

コメントありがとうございます。

私は臼杵市役所を「市民と思いを共有し、市民のために行動する」日本一と誇れる市役所にしたいと思っています。そのためにどのようにあってほしいか。そういう視点での感想や期待をブログに書かせていただいています。

県職員であったこともあり、公務員の内情に詳しいがために、もっとできるはずだとの思いもあり、辛口のブログとなっているのでしょう。今後はよい点もできるだけ書くように努めます。

もし臼杵市役所に入るようになれば一緒に「日本一の市役所」を目指しましょう。

4 件のコメント:

  1. 市役所に何を求めて、期待して・・・(色々あるでしょうが)入りたいと思ってるのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 歴史ある街並みを活用した「観光振興」、防災対策に重要な「地域コミュニティづくり」、市民の健康を考えた「有機農業の推進」など、臼杵市の取組自体は素晴らしいものが多いと思います。
      まだ結果に結びつかない(市民に過程・結果が見えにくい)ものが多いと思いますが。。。

      臼杵市のことを想い、臼杵市をどうにかしたいと思うのであれば、市の内側に入ってしまうのが、一番近道だと思っています。
      内側に入ったところで若造一人にできることは限られていると思いますが、若林議員のような方と一緒に内と外から物事にアプローチできれば、何かできると思っています。

      生まれ育った臼杵という町が好きです。
      あれはダメだ、これはダメだと批判し、じゃあどうすれば良いかを考えないような大人が多い世の中ですが、私はそうはなりたくありません。
      市役所で働きたいと思ったのは、私が目指す大人になるための最初の一歩です。

      削除
    2. 私が県職員になった頃の初々しい気持ちを思い出します。

      安定した身分と安定した収入を得て、自分のできることでお返ししたいと「県民のため」に努力し勤めてきましたが、外からの評価は得難く、内からの批判は受けやすいもの。

      「外圧」がなければ保身に走る公務員の実態に辟易して、自らが「外圧」となることを決意し飛び出しました。

      今の思いを決して忘れずに邁進して頂きたいと願うのみです。

      削除
  2. >若林議員

    最初のコメントをした学生です。

    コメントに対するご回答、ありがとうございます。
    一緒に仕事できる日が来るよう、努力していきます。

    返信削除