2010年12月31日金曜日

よい年をお迎え下さい

0 件のコメント:
【萬燈行】

内外の状況を深思しましょう。
このままで往けば、日本は自滅するほかはありません。
我々はこれをどうすることも出来ないのでしょうか。
我々が何もしなければ、誰がどうしてくれましょうか。
我々が何とかするほか無いのです。

我々は日本を易(か)えることが出来ます。
暗黒を嘆くより、一燈を付けましょう。
我々はまず我々の周囲の暗を照す一燈になりましょう。
手のとどく限り、至る所に燈明(とうみょう)を供えましょう。

一人一燈なれば、萬人萬燈です。
日本はたちまち明るくなりましょう。
これ我々の萬燈行であります。
互に真剣にこの世直し行を励もうではありませんか。
-------
『安岡正篤 一日一言』より

水道料金の滞納「催告書」について

1 件のコメント:
水道料金を滞納すると条例に基づき、「督促状」が送付されます。
-------
臼杵市水道事業給水条例

第40条 この条例に規定する、料金、加入分担金又は手数料を納期限までに納付しないときは、管理者は、督促状を発しなければならない。
2 前項の規定により督促状を発したときは、督促状1通につき100円を徴収する。ただし、やむを得ない理由があると認める場合においては、これを徴収しないことができる。
-------
「督促状」は、納期限の次の月に一回のみ発送され、手数料が100円加算されます。
それでも納付なされない場合、3ヶ月ごとに「催告書」が発送されます。
さらに、滞納期間が6ヶ月を超えた場合は給水停止を行う規定となっています。

今回、疑問を呈されたのは「催告書」の発送に手数料が加算されないという点。
いくら滞納し何度「催告書」が発送されても請求金額には100円が加算されるだけという点。

「催告書」を発送するためには手間や郵便料金がかかります。
その手間賃や郵便料金は、滞納した人が負担するのではなく、他の水道使用者が負担しているという理屈。

いったん督促状を受け取り、手数料100円が加算された後は、その後の「催告書」を何度受け取っても、請求金額は変わらず、言わば「滞納し得」という理屈。
滞納に伴う「延滞料」も徴収する仕組みになっていないとのことで請求していません。

近隣の市でも「催告書」の発送に手数料を取っている市は無いとのこと。
不合理を感じます。

2010年12月30日木曜日

外部評価の様子が公開されます

0 件のコメント:
臼杵市では「サービス検証システム」により、行政評価を行っています。
市役所内部の評価と市民アンケートに基づき外部評価委員からなる「行財政活性化推進委員会」で評価が行われます。
http://www.city.usuki.oita.jp/dl/20gaibuhyouka.pdf

一般質問などで「事業仕分け」の実施をお願いしてきました。
市はこれまでの「サービス検証システム」を充実させ、対応したいとの意向です。

今回「行財政活性化推進委員会」が公開されることになりました。
このことは1月号の市報に掲載されています。(私もこれで知りました)
http://www.city.usuki.oita.jp/modules/usuki_kou/shihou/2011_01/2011-01-04.pdf

来年のことになりますが、
1月24日(月)14:00から、市役所2階の「議員サロン」で開催されます。
無論私は参ります。皆さんもぜひ参加して「評価」の様子を確認してみませんか。

2010年12月29日水曜日

市議会議員の寄付控除のはなし

0 件のコメント:
「若林純一後援会」を選挙に備えて設立しました。
代表者は、若林純一。会計責任者は、父。

政治資金規正法に基づき、収支報告書の提出を求められています。
---
若林純一個人が、若林純一後援会に寄付をする。
後援会が事務所費などを支出する。
若林純一が寄付した分は個人所得から「寄付控除」として控除。
領収証の整理が面倒。。などと考えていました。

ところが、「寄付控除」が認められるのは国会議員、県会議員、政令市の議員の活動団体まで。
臼杵市議会議員の活動団体への寄付については「寄付控除」はありません。
また、議員には「必要経費」が認められていないようです。

結局、若林純一が支払おうが、後援会が支払おうが税制面では同じ。
確定申告についても領収証は必要なくなり、整理の手間も必要なくなりました。

議員報酬については以前報告しました。
http://usuki.blogspot.com/2010/04/blog-post_28.html

報酬から、所得税、国民健康保険料、国民年金掛金、議員共済年金掛金などを支払い、政務調査費も無く、活動費用も必要経費としては認められないとなれば、専業は大変。

議員を少数精鋭、例えば10名として、議員に専念できる報酬と政務調査費を計上するか、議員をボランティアと考え、例えば日当制にするか、考えどころです。

2010年12月28日火曜日

変わる地方議会 4

0 件のコメント:
大分合同新聞12月10日夕刊より転載
-------
地域再生Ⅱ - 変わる地方議会(4)  問われる二元代表制

地方分権論議の高まりを背景に、自治体の首長の動きが注目を浴びている。
しかし、地方議会の存在感は薄いのが実情だ。
地方自治は、住民がそれぞれ選挙で選んだ首長と議会の「二元代表制」で支えられる。一方の柱である議会の活性化は急務だ。

「地域主権改革が進む中、議会の役割は極めて重い。
首長と議会、議会と住民との関係が厳しく問い直されている」。
11月初め、都内で開かれた自治体関係者の会合で、三重県議会の三谷哲央議長(63)は強調した。

同県議会は先駆的な改革を続けている。
定例議会を年4回から2回とし会期を延ばしたほか、有識者らによる「議会改革諮問会議」を設け、外の声を生かす仕組みも導入した。
こうした試みを広瀬克哉法政大教授(52)は「改革に取り組む議会は住民の関心度が違う」とし、議会と住民を近づける効果があるとみる。

ただ、政策シンクタンクの東京財団によると、全体的な住民の関心は、論議の中身ではなく高額さや無駄が批判される議員報酬や政務調査費に向けられている。
同財団の中尾修研究員(61)は「自治体は限られた財源で“地域経営”を迫られている。議会も地域経営者の覚悟が必要」と、議員の危機感の薄さが不信を招いていると指摘する。

議会自らの改革と同時に、地方分権のふさわしい受け皿となれるよう制度の見直しも重要だ。
二元代表制とされながら、議会の招集権や予算の修正で制約があるなど、首長と比べると、議会の権限は十分でないとの声が上がっている。

市長が議会を開かず専決処分を繰り返した鹿児島県阿久根市のケ-スでは、議会が有効な対抗策を打ち出せないことも混乱の一因とされた。
片山善博総務相(59)は「議会を招集しないのは違法。議会側が招集権を持つのも一つの解決方法だ」と、地方自治法改正に踏み込む考えを示した。
ただ、共同通信社と加盟新聞社が協力して今秋行った全国首長アンケ-トで、地方議会改革を聞いたところ「現行の枠組みで改革」が51%でトップ。
「抜本的な制度改革が必要」は6%にすぎず、首長側は本格的な見直しには消極的だ。

議会への期待の低さの反映ともみられ、地域社会でも制度改革を求める声は必ずしも大きくない。
しかし、三谷議長が指摘したように首長と議会、住民の連携は一層重要となる。責務に見合う見直しを進めていくには、議会自らが信頼感を獲得する試みを重ねることが大事だ。

ケーブルテレビへの市費投入のこと

0 件のコメント:
担当課とケーブルテレビの財政事情について話し合いました。
多額の市費(税金)が使われているとの懸念に対して、そのようなことはないとの見解です。

必要な機器や伝送路の更新費用などを含め、CATVの使用料収入で賄っていけるのかどうか。
市費を投入し続けなければならないのか。
大変な違いです。

使用料収入だけで賄っていけるならば、大変すばらしいことです。
CATVについての財政運営の目算については、今後検証を行うとのことでした。

きちんとした目算が立てばその際はきちんと説明していただきたいとお願いしました。
使用料収入で運営できるとなれば、私の懸念は大きな間違い、謝らなければなりません。

ラスパイレス指数

0 件のコメント:
国家公務員と地方公務員の給与水準を比較する指数。
大分合同新聞に2010年の数値が掲載されていました。

臼杵市は、昨年100.9ポイントでしたが、若干下って98.9ポイント。
しかしこれはあくまで、給与カットが行われている今年の数値。

一般職2.5%、管理職5%の給与カットが12月で終了。
このままでは、来年2011年はまた指数アップが確実な状況。

どの程度の給与水準が適正かは、それぞれの自治体で考えるべきこと。
予算の使い道を考えるということです。

阿久根市や名古屋市では活発な議論が交わされています。
これからの財政事情を考えるとき、どの自治体でも活発に議論されるべきものと思います。

2010年12月27日月曜日

大手門周辺整備・活用市民意見交換会 4回目

0 件のコメント:
2班に別れてまとめた意見の「違い」について確認。
その「違い」を中心に意見交換を行いました。

特に意見の違いがあったのは、「大分銀行跡」。
私は臼杵の総合案内、特に歴史・人物・祭り・食などの情報提供に特化した施設にとの意見。

他方、観光案内に加え特産品を展示販売する、有機野菜を売る、
市民と観光客の交流の場にという意見の方もおり、なかなかまとまりません。

明けて1月末頃、意見を整理し、再度意見交換を行います。

ケーブルテレビは日曜日も営業を

0 件のコメント:
ケーブルテレビの建物は商店街のほぼ真ん中あたりに位置しています。

「日曜日にケーブルテレビが閉まっているのは、周辺が寂しく感じる。」
「日曜日に相談や手続きに出向きたい人もいる。」

商店街に活気をと日曜日も営業を行っている商店にとって、ケーブルテレビが営業しているかどうかの影響は大です。
日曜日営業ができないかどうか、市役所の担当課をたずねました。

以前は、サーラ・デ・うすきに出勤する観光情報協会の職員が日曜日も鍵を開けていたそうです。
無人ではあったが、テレビの並んでいる玄関ホールとトイレの使用ができるようになっていたとのこと。
現在は、玄関ホールのテレビの改装に伴い高価な機器が並び、防犯上から開けていないとの説明でした。

日曜日営業は、指定管理者の臼杵ケーブルネット(株)に検討を依頼しているとのこと。
早ければ来春からの営業もありうる様子です。

市街地中心部、商店街の真ん中、観光エリアの真ん中にある建物です。
日曜日も営業していただけると賑わいの一助となります。期待しています。

ケーブルテレビに死亡のお知らせを

0 件のコメント:
「ケーブルテレビに“死亡のお知らせ”を流していただけないでしょうか。」

要望を受けて、お願いしていた件について回答がありました。

「臼杵市有線テレビジョン放送番組審議会」に諮り決定するとの回答。
http://www2.city.usuki.oita.jp/reiki_int/reiki_honbun/ar08300601.html

どうぞよろしくお願いします。

2010年12月25日土曜日

政府予算案が閣議決定

0 件のコメント:
「あとは野となれ山となれ予算」が閣議決定された。

子ども手当、社会保障制度改革の先送り、高校授業料の無償化、高速道無料化、etc
税収を大きく上回る借金を行い、予算ばら撒きの大盤振る舞い。

地方にばら撒く地方交付税も大盤振る舞い。
地方交付税にまわせる財源は減っているにも関わらず、
「交付税特別会計」で借金した上で表向き地方に手厚く配分された。
結局は地方が負担しなければならない隠れ借金である。

予算における「児童虐待」と書いた新聞がある。
将来返さねばならない借金で今を謳歌しようとする大人たちの「児童虐待」であると。
http://www.mof.go.jp/seifuan22/yosan004.pdf

2010年12月24日金曜日

事業仕分けを振り返って

0 件のコメント:
この一年の事業仕分けを振り返って
構想日本政策担当ディレクター 中村 卓
――――――――――――――――――――――――――――――――
年の瀬を迎え、今年の熱く、濃い「事業仕分けシーズン」もようやく終わった。
国レベルでは、政府行政刷新会議が春に独立行政法人と公益法人、秋に特別会計と再仕分けを行ったほか、自民党も4月には子供手当や高速道路無料化など現政権が推進する主要事業、6月には政府の諸規制政策を対象に、事業仕分けを行った。

構想日本が自治体と行う事業仕分けも、今年は急増した。
事業仕分けは、もともと構想日本が2002年から進めてきたもので、3年ほど前から増加傾向にあったが、今年は6月から12月までで49件にのぼり、過去8年間の合計にほぼ匹敵する件数となった。このうち、すでに2度目、3度目という自治体も15件を数え、地道な取り組みとして継続的に実施する自治体も増加した。

数が増えただけでなく、内容も進化した。事業の選考、事業シートの作成、本番の運営体制、実施後のフォローという一連の過程で、透明度を高め、説明責任を果たすための様々な努力、創意工夫がみられた。

中でも「市民判定人方式」を採用した自治体が急増した。仕分け人が議論をし、結果判定は無作為抽出で選ばれた20名程度の住民が行うというこの方式は、昨年7月に富士見市で初めて実施したものだが、今年は17自治体に広がった。関心度、注目度の高まりに連れ、事業仕分けの取り組みの質をどう高めるか、行政内部の取り組みにとどまらず住民参加、住民自治にどうつなげていくかという問題意識が実施自治体に育っていると感じられる。

地方議会の会派が実施する事業仕分けが増えたのも、今年の特徴である。議会会派の事業仕分けは、昨年2月に民主党京都府議会議員団が初めて実施し、続いて7月に自由民主党横浜市議団が実施した。この両会派は、その後も継続して実施しているが、今年はさらに、民主党・無所属の会さいたま市議団、越谷市議会新政クラブ、宮城県議会改革みやぎが加わり、年明け早々には民主・みやこ未来京都市会議員団が実施予定である。取り組み手法は様々で、事業説明を議員が行うケースもあるが、いずれの取り組みも活気があり、その後の議会活動やマニフェストづくりに生かそう、という意気込みが感じられた。

とはいえ、現状では議会内のグループである会派の取り組みにとどまり、議会として実施するには至っていない。住民の代表者として行政の事業をチェックするのが議会の役割であることからすれば、議会が率先して事業仕分けに取り組んでほしい。来年は、全国のモデルとなる議会主導の事業仕分けが現れるよう、働きかけをしていきたい。

6月から12月まで切れ目なく続いていた自治体事業仕分けも、ここでようやく一区切りついた。この間、多くの皆さんに、多大なご尽力をいただいたことを心から感謝申し上げる。そう申し上げている間にも、構想日本の事務所には、既に来年度の事業仕分け実施希望が多数寄せられている。新たな年、事業仕分けの輪をさらに広げ、この国を基礎から、現場から変えていくうねりをつくり出したい。

http://www.kosonippon.org/shiwake/contribution/index.php

2010年12月23日木曜日

変わる地方議会 3

0 件のコメント:
大分合同新聞12月9日夕刊より転載
-------
地域再生Ⅱ - 変わる地方議会(3)   成果主義、議員も競争

●「身を切る覚悟を」

川辺川ダム問題に揺れる熊本県五木村。
11月中旬、宮園地区の大イチョウがそびえる広場には、ことしも岩本員功副議長(67)ら議員3人の姿があった。

「地域のために汗を流すのも、議員の務めだと思う」と岩本副議長。
地区で毎年開かれる祭りのため、3人は準備に忙しい。
作業に加わった男性(50)は「成果主義の導入で議員が切磋琢磨(せっさたくま)し、地元が元気になればうれしい」と期待する。

五木村議会(定数10)は4月、全国で初めて議員報酬に成果主義を導入した。
月額21万3千円だった報酬のうち8割は毎月支給する。
残る2割を成果報酬とし、活動の評価に応じて年度末にまとめて支払う仕組みだ。

水没予定地を抱えダム計画に翻弄(ほんろう)されてきた「子守歌の里」は、村の人口がピ-ク時の4分の1以下に減少。
高齢化率は40%を超え、限界集落も数を増している。「このままでは村はつぶれる。競争原理を働かせ、議員も身を切る覚悟が必要だ」。
照山哲栄議員(78)は力を込める。

だが、議員の受け止め方は分かれる。報酬改革を盛り込んだ条例改正案が出された3月定例会。
「議員の働きを公平に評価する人をどう選ぶか」「議員は4年に1度の選挙で評価されるべきだ」など懸念の声が相次いだ。
採決結果も賛成5、反対4の小差だった。

●試行錯誤なお続く

議会が評価主義の導入を申し合わせたのは、昨年12月。
それからわずか4か月足らずで実現に踏み切った。

見切り発車の感はぬぐえず、現場では今も試行錯誤が続く。
議員名や評価内容を非公開とする方針を決めたのも、制度が導入された後。

「評価する側の負担が大きい。選挙への影響を考慮する必要もある」と、田山淳士議長(59)は話す。
議員は「一般質問」「政策提案」「地域活動」などを参考に5段階で評価される予定。
ただ、5人以内とした評価委員のなり手は、村民3人にとどまっている。
具体的な効果がまだ見えないだけに「評価のために頑張るのはおかしい」と消極的な議員もいる。

一方、地方自治に詳しい早稲田大現代政治経済研究所の林勝美・特別研究所員は小さな村の挑戦に「住民が主人公となる自治へと転換する契機となるのではないか」とエ-ルを送る。

年度末には、議員に初めて評価が下される。
各地の地方自治の現場が、その「成果」を注視している。

2010年12月22日水曜日

ケーブルテレビ放映

0 件のコメント:
私の一般質問の録画が、明日12/23(木)19:30頃から放映されます。

ぜひご覧いただきますようお願いします。

なお、放送の全日程はつぎのとおりです。
http://usuki.blogspot.com/2010/12/blog-post_8690.html

二孝女の物語

0 件のコメント:
大分合同新聞より転載
-------

茨城に「二孝女」の記念碑 200年の節目


青蓮寺境内に完成した二孝女の記念碑
江戸時代、病床に伏した父を訪ねて臼杵市野津町川登地区から常陸国(現茨城県)まで、命懸けの約2カ月間の旅をした「豊後国の二孝女」をたたえる記念碑が、茨城県常陸太田市の青蓮寺に完成した。ことしは二孝女の常陸訪問から200年の節目。両市は今後、美談を橋渡しとした相互交流を積極的に進めていく。臼杵市では3日、二孝女ゆかりの地の見学会を開く。

「二孝女」は実在の人物で、川野初衛門の娘ツユ、トキの姉妹。初衛門は1804年、親鸞ゆかりの地を訪ねる巡礼に出発したが、途中で足を痛め、青蓮寺に着いたところで歩けなくなってしまった。1811年、姉妹は川登を出発。苦労の末に父との再会を果たした。姉妹に感動した常陸国の住民や臼杵藩の役人らによる手厚い支援を受け、翌年帰郷した。
青蓮寺のある常陸太田市は福島県との県境に位置し、人口は約5万6千人。二孝女の話は学校の教材にもなっている。青蓮寺で近年多くの史料が見つかったことから研究が進み「豊後国の二孝女」など本も多数出版されている。
記念碑の建立は青蓮寺の関係者や、郷土史研究グループの二孝女研究会(秋山高志代表・茨城県水戸市)などを中心とした顕彰事業の一環。秋山代表は「二孝女の話は海外の研究者からも注目を集めている。両市が真心、人情、愛の発信源になれば」と話している。
3日は臼杵市で「二孝女ゆかりの地を訪ねて」と題し、供養碑前での法要や川登小学校での顕彰行事、二孝女の菩提(ぼだい)寺・善正寺訪問などを計画している。
来年は二孝女の帰郷200年を記念し、常陸太田市への「お礼参り訪問」など多くの行事を予定。主催する野津町きっちょむ史談会の吉良卓美会長代行は「郷土の先人の偉業を一人でも多くの人に伝え、交流の機運をできるだけ盛り上げたい」と張り切っている。
-------
次は、毎日新聞より転載
-------

二孝女:広く伝えよう 野津町きっちょむ史談会、ゆかりの地訪ねるイベント


江戸時代の臼杵藩の親孝行な2姉妹の「二孝女(にこうじょ)伝」に光を当て、幅広く伝えていこうという動きが出ている。臼杵市の「野津町きっちょむ史談会」(後藤保一会長)は今月、市内に残る二孝女ゆかりの地を訪ねるイベントを初めて開き、会員ら約50人が参加した。

二孝女伝は、江戸時代後期の文化年間(1804~18年)の話。親鸞が布教活動した際の旧跡を訪ねた父が旅の途中に病に伏し、常陸の国(現茨城県)の寺にとどまった。姉妹は安否を気遣い、10年後に船と徒歩で父に会いに行き、病父をかごに乗せ、臼杵に戻ったという。

茨城県では、この物語を後世に伝えようと、県立高校の「道徳」の副読本に取り入れたり、10月には寺に記念碑を建てたりするなどの動きがある。

きっちょむ史談会は「二孝女の地元の方が顕彰の動きが遅い。広く知ってもらおう」とゆかりの地を訪ねるイベントを企画。今月、校歌に二孝女の歌詞がある川登小も訪ね、3年生以上の39人と姉妹の話をするなどして触れ合った。

姉妹が父と再会して200年となる来年10月、同史談会を中心に常陸国訪問団(約40人)を作り、お参りする予定だ。

「たびびとの詩」クランクアップ

0 件のコメント:
大分合同新聞より転載
-------

塩屋監督「協力に感激」 たびびとの詩


撮影が終わった塩屋監督(右から3人目)と俳優ら。収録には市民ら520人のエキストラが協力=19日、臼杵市の市民会館
塩屋俊監督が臼杵など、ふるさとで手掛けた映画「たびびとの詩(うた)」が19日、臼杵市の市民会館でクランクアップした。
この日はクライマックスとなる「臼杵市優秀農作物表彰式」のシーンを撮影。県内外から520人のエキストラが参加。農林水産省官僚役の陣内孝則、茶の有機栽培にチャレンジする園主の孫娘役の田中麗奈、臼杵市役所職員役の吉沢悠(ひさし)、臼杵市長役の寺泉憲らが出演。
陣内が田中に表彰状を手渡すシーンを客席のエキストラを交えて撮影。エキストラの拍手のタイミングを変えたり、カメラ位置を変えたりと何度も撮影に臨んでいた。収録は3時間に及んだが、待ち時間の間には陣内がマイクで冗談を言い、場を和ませていた。
塩屋監督は「ふるさとで映画を撮りたいという夢が地元の皆さんの協力でかない、感激しています」などと話していた。
「たびびとの詩」は11月23日にクランクイン。臼杵、大分、佐伯、大分空港など全て県内でロケをした。映画は来秋、全国で公開予定。
------
塩屋俊監督は、臼杵高校出身、陸上部の先輩です。
来秋の上映が楽しみです。

大林宣彦監督が臼杵を舞台に「なごり雪」「22才の別れ」を製作してくださいました。
自分の住む町が映画の舞台になるのは本当に嬉しく、光栄なことです。

2010年12月20日月曜日

TPP参加交渉について

0 件のコメント:
「太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉への参加反対を求める意見書」が採択されました。
結局、この意見書案に反対したのは、私の他には衛藤議員と大戸議員。

反対討論でも述べたとおり、TPPへの参加は時代の流れ、平成の「黒船」です。
覚悟を決めて、「食糧安全保障」の観点からの農業政策へ舵を切るべきと考えます。

「TPP交渉への参加反対を求める意見書」は農協から提出され全国の議会で採択が進んでいる様子です。
たくさんの意見書が、全国の議会から送付された国はどのような判断をするのでしょうか。

2010年12月19日日曜日

変わる地方議会 2

0 件のコメント:
大分合同新聞 2010年12月8日夕刊より転載
-------
■変わる地方議会② ~市民目線のチェック~

○手厳しい感想次々

「一般質問は形式的な儀式に終わっている」
「一般質問の冒頭の定型的な挨拶は不要。発言はいちいち壇上に行かず、自席でやれば済む」
「議員が議席にふんぞり返っている」

10月4日、長野県松本市役所で開かれた「ステップアップ志民会議」の第2回会合。
公募された市民委員が、市議会をチェックするのが目的だ。

傍聴した9月定例市会の手厳しい感想が、次々と議員にぶつけられた。
赤羽正弘議長(67)は「今日は一にも二にも、皆さんの意見を徹底して聞く」と話す。

だが、男性市議の一人は「議会の仕組みを誤解している点もある」と、議会側の意見や説明の無い「一方通行」のやりとりに不満を漏らした。
審議がルールや慣例に縛られている―。
市民の目にそう映ったことに、戸惑いを感じた市議も少なくなかった。

2009年3月、松本市議会は長野県内の自治体では初となる議会基本条例を全会一致で可決、翌月に施行された。
市議会は市民参加や情報公開など条例に盛られた内容を推進するため、42人の市議全員が分担して参加する三つの部会を設置。
会派代表らでつくる「進行管理部会」も設け、3部会の取り組み状況をチェックするようにした。

ステップアップ市民会議は「交流部会」の提案で、本年度設置された。
市民の視点で議会改革への意見を出してもらおうと、18歳以上の市民や大学生を対象に7月、委員を公募した。

ボランティアで任期は1年。
「町会運営に関わる予算の仕組みを議員にも知ってもらいたい」と参加した町会役員や、信州大学の学生など顔ぶれは多彩だ。

○目的意識が鍵握る

長野県では、2000年に就任した田中康夫元知事が県議会と鋭く対立。
この間、県議会への注目度は高まり、傍聴者が大幅に増えた。

だが、こうしたケースを除けば、議会審議に住民の関心が集まることは多くない。
松本市議会のステップアップ市民会議は、市民に普段から議会に目を向けてもらう方策を探る狙いもある。

市民会議がこれまでに寄せた意見は数十項目。
市議会は、質問の方法や委員会での審査のあり方などについて改善に向けた検討を始めており、結果を来年1月の市民会議で説明する予定だ。

「市民の声を目に見える形でどう生かしていくか。議会が改革に向けた目的意識をしっかり持つことが、成否の鍵を握る」と、交流部会の小林弘明・副部会長(59)。
市議会と市民の「距離」を縮める試みは、これからが正念場だ。

2010年12月18日土曜日

会派代表者会議のこと

0 件のコメント:
臼杵市議会は会派制を採用しています。

会派とは、議会内に結成された2人以上の所属議員を有する同志集合体をいいます。
各会派間の意見調整、連絡および協議を行うための会派代表者会議が置かれます。
会派代表者会議は、議会内の人事や決議案・意見書案の取り扱い、議会だよりを発行するか否かなどの意見調整を行います。
私は会派に属していませんので「会議に諮り、オブザーバーとして出席できる」立場で傍聴させていただいています。

もし会派制を採らず会派がなければ、全ての案件が全員協議会の場での協議となります。

この場合は、意見調整に手間取ることが予想されます。
私も意見を言い、情報を得て発信することができるのですが、現状ではいたし方ありません。

会派制の功罪といったところです。

2010年12月17日金曜日

ブログについて注意を受けました

2 件のコメント:
先日、「議会だより」発行についての「会派代表者会議」の協議内容を報告しました。
http://usuki.blogspot.com/2010/12/blog-post_09.html

このことについて本日の「会派代表者会議」の席上大変お叱りを受けました。
会議の協議内容をブログに掲載する場合には慎重に行うようにと注意されました。

今後は、一層慎重を期してまいります。

会派代表者会議

0 件のコメント:
会派代表者会議が開催され、傍聴させていただきました。

【協議事項】

1 臼杵市行財政活性化推進委員への議会推薦について・・・推薦を行うことに決定。

2 臼杵ケーブルネット株式会社の監査について・・・議会(市役所)からの監査役は必要ない。

2010年12月16日木曜日

意見書案の取り扱い

0 件のコメント:
■地方自治法■
第九十九条  普通地方公共団体の議会は、当該普通地方公共団体の公益に関する事件につき意見書を国会又は関係行政庁に提出することができる。
-------
市議会には、時に各種団体から意見書案の採択が求められます。
議員が取り扱いを依頼されたり、郵送されたりするものもあります。

無論、議員が意見書案を提出することができます。
その際には12分の1以上の賛成者が必要で、臼杵市議会で言えば2名以上必要です。

意見書案を採決に付すかどうか(議案として扱うかどうか)は、会派代表者会議で協議されます。
それぞれの会派に持ち帰り、採決に付すべきかどうか検討します。

会派代表者会議でそれぞれの会派の意向を確認し、可決する可能性のあるものだけが議案として提案され採決に付されます。
会派代表者会議の席上で、提案者と賛成者が決定され提案者が議場で提案します。

今回の「TPPに関する意見書案」は、農業関連団体から提出されたものです。
すべての会派の意向が「賛成」ということになりましたのでので議案として採決に付されます。

議場で提案され提案理由の説明がなされ、その後、質疑が行われます。
次に討論が行われますが、反対討論が無い場合は、全員異議無く可決となります。

意見書案に反対する場合には、壇上で反対討論を行います。
反対討論が行われた場合は、起立による表決が行われます。

表決の際、誰が反対で誰が賛成かは記録に残りません。
起立者の多少を認定しがたい時などにのみ、記名又は無記名で表決します。

ですから、明日の本会議で「TPPに関する意見書案」に誰が賛成し誰が反対したかは記録に残らず、「起立(賛成の意思表示)せる者多数」という記録になります。
明日は、反対討論する予定ですので、採決の際誰が座ったまま(反対の意思表示)かすばやく確認せねばなりません(汗)。

採択された意見書は、国会又は関係行政庁に提出されます。
苦労して採択された意見書がどのように国政に反映されるかどうかは、、不明。

こんな日記も。。

TPPへの参加に賛成

0 件のコメント:
明日は、議会最終日。
各委員会に付託された諸議案についての委員長報告の後、質疑、討論、採決となります。
今回の諸議案、反対すべき内容はありませんので、委員長報告に対する質疑や討論は行いません。
反対討論がなければ、全員異議なく賛成となります。

次に意見書案が提出されており、上程、説明、質疑、討論、採決が行われます。
第9号「子ども・子育て新システムの基本制度案要綱」に基づく保育制度に反対し、現行保育制度の拡充に関する意見書(案)
第10号環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉への参加反対を求める意見書(案)
私は、第10号意見書(案)には次のとおり反対します。
-------
日本の主力産業の国際競争力を低下させないためには、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への参加は避けて通れません。
しかし、現状の農業政策のままTPP協定への参加を行えば、国内農業が壊滅的打撃を受けることは明白であります。

TPP参加を前提に、食糧安全保障の観点から、直接支払い制度の拡充など、農業政策の抜本的見直しを行う必要があります。
大変困難な制度設計であり、国民的議論が必要ですが、TPPへの参加は、日本の国益を考えれば、避けては通れず、食糧安全保障の観点からの農業政策の抜本的見直しを行うことを条件にTPPへの参加に賛成します。

本意見書は、従来どおりの関税による国内農業の保護を前提とし、TPPへの参加交渉さえ認めない内容となっていますので、本意見書案については反対します。

変わる地方議会 1

0 件のコメント:
議会の活性化を目指す臼杵市議会への提言とも言えるような記事。
4回シリーズで新聞に掲載されましたのでご紹介します。

地域再生Ⅱ  ~大分合同新聞 2010年12月7日夕刊より転載~
-------
■変わる地方議会① ~改革重ねオープンに~

地方議会の改革が続いている。市民によるチェックや成果報酬の導入。
開かれた議会を目指す取り組みは、自冶の可能性を広げる。

○全国初の基本条例

2006年、議会運営の基本原則を定めた「議会基本条例」を全国で初めて制定した北海道の栗山町議会。先進的な取り組みを学ぼうと、各地の地方議員の視察ラッシュが今も続いている。

制定から4年。
町内では「開かれた議会」を目指す試みが定着し、町や住民の意識も変わり始めた。

「『議員は何しているか分からん』と批判される。大変参考になった」
「住民に真摯に向き合う姿勢に感銘を受けた」

11月11日、栗山町議会を視察に訪れた千葉県習志野市や愛知県安城市など全国5市町村の議員26人は称賛の声を上げた。
対応した橋場利勝議長(65)が「地方議会への風当たりは厳しいが、住民に開かれた議会を目指して改革を続けたい」と話すと、拍手が起きた。

札幌市から東へ車で約1時間。人口約1万4千人の栗山町は、農業が基幹産業。
議会基本条例後の視察者数は約3600人に上る。

条例には、議会が住民と意見交換する「議会報告会」や、議員の質問に町長が逆質問できる「反問権」、議員相互の「自由討議」などを明記。
いずれも全国に珍しく注目を集めた。

○ガチンコの緊張感

きっかけは財政悪化だった。
町議会は02年、財政問題を徹底論議した。

「あれをつくれ、これをつくれと町に要望するだけではダメだと分かった」と山本修司議員(56)。
議会はどうあるべきかの模索が始まった。

04年には定数を5減らして13に。さらに、05年から議会報告会が始まった。
支持者向けに開く議員個人の報告会は多いが、議会報告会は町民誰でも参加できるのが特色だ。

オープンな半面、何を聞かれるか分からない。
楢崎忠彦議員(64)は「緊張感のある『ガチンコ』の舞台。何倍も勉強するようになった」。

改革を積み重ね、議会基本条例が誕生した。
議場での議論も活発化した。

07年、まちづくりの基本政策となる町総合計画の原案に議会として全国で始めて対案を作成し、原案を修正させた。
町職員からは「緊張感を持つようになった」「職員の能力を高めなければ」との声が上がる。

議会がチェック制度として設けた「議会モニター」を務める会社経営、阿部武良さん(63)は「住民の意見を次々と取り入れ、町と丁々発止の激論を交わす議会は頼もしい」と話す。
「議会が変われば、まちも変わる」と橋場議長。昨年は専門家が提言する「議会サポーター制度」を導入するなど、改革はなお続いている。

2010年12月15日水曜日

市長の行政報告

0 件のコメント:
定例会議の冒頭、市長の行政報告があります。
9月議会、報告とともに文書配布があり、ブログに掲載させていただきました。
http://usuki.blogspot.com/2010/09/9_07.html

12月議会は、文書の配布がありませんでした。
「文書を配布するとそのままブログに掲載する者がいる。市長の発言は、文書どおりで無い場合がある。また、ケーブルテレビで放映する前にブログ掲載は好ましくない。」との理由です。

市長の行政報告へのアクセスは多く、皆さん興味を持って下さっています。
多少の文言の違いはあれ、文書を用意しての発言でしょうから、文書配布してほしいものです。
ケーブルテレビ放映後でなければならないということならそれに従います。

少なくとも、市のホームページには文書で掲載していただきたいと思います。
(あっ、「会議録検索」を利用すれば見ることができますが、掲載までに時間がかかるし、面倒)
http://kaigiroku.city.usuki.oita.jp/discuss/cgi-bin/WWWframeBase.exe?A=frameBase_ETSU_INTER&USR=webusr&PWD=&L=1&S=31&Y=
発言のビデオ(動画)をホームページ上に掲載することも可能であると思います。

たくさんの方々が市長の行政報告に興味を持って下さっています。

交通安全啓発活動

0 件のコメント:
「おおいた年末・年始の事故ゼロ運動」が始まりました。
今日は、アニマードの交差点で朝、街頭活動を行いました。

警察、交通安全協会の皆さまとともに、議員の有志(一応全員に声がかかりますが、参加しない方も。。)が街頭に立ちました。
市役所からは、市長・副市長・教育長の他、市職員が何名か参加しました。

事故ゼロ運動は、1月4日まで行われます。
皆さん事故を起こさないよう注意するとともに違反にも気をつけてくださいね。

2010年12月14日火曜日

ケーブルテレビの監査のこと

0 件のコメント:
昨日の「会派代表者会議」でケーブルテレビの監査役のことが話題となりました。
http://usuki.blogspot.com/2010/12/blog-post_2865.html

以前、議会で「臼杵ケーブルネット株式会社」の経営状況説明を受けた際、監査のことを質問しました。
そのことがあり、今回話題に取り上げていただいたようです。

臼杵市を代表しての監査役を置くかどうか、各会派に持ち帰って検討することになりました。
ケーブルテレビの施設は、臼杵市が所有し、運営を指定管理者である「臼杵ケーブルネット株式会社」に委託しています。

使用料を使用者から徴収していますが、これではまかなえず多額の税金が投入されています。
これまでも述べてきましたが、大切な市民の財産、価値ある利用と効率的な運営を心がけねばなりません。

ケーブルテレビへの注文

0 件のコメント:
市民の方から2点ほど、ご意見を頂きました。

1 新聞の死亡欄に掲載される情報をケーブルテレビの情報として提供することができないか?

2 ケーブルテレビ(の社屋)は日曜日に営業していないが、営業することはできないか?

以上2点、市役所の担当課を通じてケーブルテレビに問い合わせて頂くようお願いしました。

2010年12月13日月曜日

議員定数に関する議員アンケート

0 件のコメント:
「議員定数調査特別委員会」において議員定数のあり方について協議されています。
まずは議員の考え方について調査することになり、匿名アンケートを実施。

以下は、私の回答です。
-------
議員定数に関するアンケート調査(回答)

問1:現在の条例定数23名について、どのように考えていますか。番号に○をしてください。

1.現在の23名が適正と思う。
○2.減員すべきだ
3.増員すべきだ

理由:2元代表制をとる地方自治体議会の役割は、首長の行う市政のチェック機能である。
費用対効果の面から、できるだけ少ない人数で市民の声が反映されることが望ましい。
通信・交通手段の発達した状況下、少ない定数でもその役目は果たされると考える。

問2:適正な議員定数は何人だと思いますか。適正と思う人数を記載してください。

適正と思う議員定数 18名
理由:臼杵市と人口及び面積の似かよった市で定数の少ない市に着目すると、定数18名の市が多く存在する。18名で支障なく議会運営が行われていると推察され、これに習うべきと考える。
・・・・・・・・・・・・・定数  人口   面積
臼杵市(大分県)23人 43073人 291.06 km2
新城市(愛知県)18人 50869人 499.00 km2
東根市(山形県)18人 46537人 207.17 km2
魚津市(富山県)18人 45079人 200.63 km2
氷見市(富山県)18人 53370人 230.47 km2
茅野市(長野県)18人 56196人 265.88 km2
八女市(福岡県)18人 70590人 482.53 km2

問3:議員定数を変更する場合、条例改正はいつの時点ですべきと思いますか。

できるだけ早い時期が望ましい。選挙が近くなればなるほど合意形成は困難になると思われる。 

問4:議員定数を検討する上で、今後どのような調査や取り組みが必要と考えますか。

アンケート及びヒアリングによる市民の意向調査。
ただし、市議会の状況や役割を十分周知した上でなければ、定数半減などの暴論を招きかねない。

問5:その他、議員定数に関することで、何かあれば自由に記載してください。

首長と議会の対立が顕在化、議会不要論が台頭してきており、議会の状況や果たすべき役割を市民に知らせる努力が重要である。
また、市政をチェックする上で必要な議員の資質向上のためには「政務調査費」が必要であると考える。

2010年12月12日日曜日

GTシンポジウムに参加しました

0 件のコメント:
県下5地区に分かれて分科会が開催されました。
私は南部会場に参加しました。
テーマは、食「食でつながる観光と農」
グリーンツーリズム実践者と地域代表によるパネルディスカッション。
九州各地からたくさんのグリーンツーリズムの関係者が集いました。
パネルディスカッションの後、場所を移しての交流会。
 
法被に身を包むのは、吉四六さん村グリーンツーリズム研究会の方々。
「農村民泊」する方々との顔合わせも兼ねての楽しい懇談会。

農村民泊は、受け入れる側も宿泊体験する側も充実感を得られる不思議な仕組みです。
参加されている皆さんが、大変楽しそうにしていたことが印象的でした。

この取り組みは、自分たちを豊かにするとともに地域を豊かにし、来訪者を豊かにする。
そんな確信を参加者が共有しているがゆえの連帯感といったようなものが感じられるシンポジウムでした。

2010年12月11日土曜日

チャリティーショーの写真

0 件のコメント:
チャリティーショーの様子、ケーブルテレビでは放映されないそうなので、写真をアップします。
市会議員の化け様にびっくりされると思いますので、覚悟してご覧ください。
女性軍、全員集合の写真。
花道で「白い蝶のサンバ」の巻。
山本リンダ「狙いうち」、隣は土谷桂山議員。後ろは、大塚州章議員と山下幸延議員。

2010年12月10日金曜日

海外からの教育旅行(福井新聞より)

0 件のコメント:
-------福井新聞から引用

海外からの教育旅行が好調 4~11月、240人来県

海外からの教育旅行が福井県内で増加している

海外の子どもたちが福井県内を訪れる教育旅行の誘致が好調だ。
2010年度は11月末現在、既に前年度比約2・7倍の約240人が来県。
県は西川知事によるトップセールスや学校への“営業活動”を展開し「食や文化、伝統工芸といった素材をPRし、宿泊客数の増加など観光振興につなげていきたい」としている。

海外からの教育旅行実績は09年度の豪州、ニュージーランド、台湾の計89人に対し、10年度は台湾、中国の計238人に増加。
09年度は新型インフルエンザの流行などが影響し低調だったせいもあるが、07年度の130人、08年度146人と比べても10年度は急増している。

大きく伸びた最大の要因は、北陸国際観光テーマ地区推進協議会が、中国・上海市の小主人報新聞学校誘致に成功したこと。小中学生ら163人が4回に分けて、計4泊5日で北陸3県を訪れた。

県はアジア6カ国の旅行会社に対し、県内への誘客1人当たり1千~2千円を助成しているが、「来てもらう人に直接アプローチする必要がある」(国際・マーケット戦略課)として今春、台湾で現地営業を始めた。

日本観光協会が3月、台湾で開いた訪日教育旅行説明会に参加したほか、10月には西川知事が台北市の幹部らに会い、教育旅行誘致に協力を求めた。若狭三方五湖観光協会の誘致活動などもあり、11月には台湾の高校生一行40人が若狭町を訪れ、漁師民宿に泊まっての漁業体験や地元高校生との交流を楽しんだ。

県観光連盟も10月以降、台湾の学校を直接訪問して福井の魅力をアピールする営業を始めた。
県や同連盟などは、7~9日に台湾で開かれた訪日教育旅行説明会に再び参加した。
同課は「来年度はさらに誘客実績を上げ、経済効果を高めるため宿泊数もできるだけ伸ばしたい」と話している。

-------引用ここまで

こういう記事に触れると、臼杵市にシンガポールからの教育旅行が毎年訪れていることのすごさを実感します。

2010年12月9日木曜日

ケーブルテレビ放送日程

0 件のコメント:
私の一般質問の放送日程は以下の通りです。
ぜひご覧ください。

12月22日(水)の10時30分頃から1時間。
12月23日(木)の19時30分頃から1時間。

12月定例会の全放送日程は以下の通りです。

議会だより発行についての会派の意見

0 件のコメント:
ほとんどの地方議会は、「議会だより」を発行していると思います。臼杵市でも、平成8年に創刊され、年4回の発行が行われてきました。

一般質問や委員会の活動、審議結果や市民の声などが掲載されていました。編集委員会が組織され、その編集に当たっていました。発行費用は平成12年度で約160万円かかっています。

平成14年6月に休止することが決定されその後発行されていません。

今日、「会派代表者会議」が開催され、「議会だより」の発行が議題となりました。各会派の意向は次のとおりで、「議会だより」の発行は見送られました。

■発行に反対の会派

臼愛会:三浦正行 武生博明
臼栄会:西水忠夫 藤原一弘
臼新会:首藤新一 吉岡勲 匹田郁
創政会:牧宣雄 大嶋薫 大塚州章 足立善己 内藤純孝 久藤朝則 山下幸延

■発行に賛成の会派

新市民クラブ:土谷桂山 堀孝則 長田徳行

■会派に属していない議員(賛成5名、反対1名)
平川哲郎 加茂千恵子 衛藤忠一 林壮一朗 若林純一 大戸祐介

創政会からは、費用対効果の観点・ケーブルテレビ放送されていること・市報への掲載が行われていることなどの点から、いろいろな意見があったが会派としては反対となったとの補足説明がありました。

無論、私は賛成派です。議会の様子をできるだけ市民の方々にお知らせすべきと考えています。

2010年12月8日水曜日

法務局臼杵支局統廃合計画 その後

0 件のコメント:
法務局臼杵支局を大分地方法務局に統合する計画があることは以前書きました。
http://usuki.blogspot.com/2010/07/blog-post_17.html

その後、臼杵市役所と議会の粘り強い要望活動の結果、来年4月から予定されていた統廃合は見送りとなりました。
しかしながら、今後のあり方について引き続き協議を行うことで、法務当局と市役所で合意がなされました。

私見ですが、法務局関係の申請事務は難解で一回で済むような気がしません。
オンライン化が進み、わかりやすく手続きが済むようになれば統廃合の影響は少なくて済みますが、
現在の状況のまま統廃合されたのではかないません。

なんにしても、市長や議長を初めとする存続要望活動、ご苦労様でした。

一般質問終了~

0 件のコメント:
私の一般質問、本日終了しました。
いつもながら、緊張で始まり、熱くなりました。

詳細は、ケーブルテレビを見て整理、報告しますが、
頭の中に残っている記憶をたどれば。。

1 臼杵市行財政活性化推進委員会の議論の公開、新しい委員との協議が必要であるが公開する方向であるの回答を得ました。

2 教育旅行の誘致の推進体制の整備、市役所内部の推進体制は整備した、今後関係団体とのネットワークの構築を進めたいとの回答でした。
すぐにネットワークを構築して欲しいとの再質問には、グリーンツーリズム研究会の意向を踏まえ、必要があれば取り組むとの回答でした。

3 新地の歩道については、できるところから取り組むとの回答をいただきました。

4 介護予防サポーターの活用策、各地区の「健康教室」の立ち上げには行政の人的、財政的な支援が必要であり行政が積極的に関わるべきとの主張に対して、明快な回答は得られませんでした。
特にこの点については、焦点が定まっていない印象です。後日整理してお伝えします。

2010年12月7日火曜日

一般質問

0 件のコメント:
今日から、代表質問と一般質問が始まりました。
私は、明日8日の4番目、多分午後一番の質問になりそうです。

質問は4つ。ひとつは、「臼杵市行財政活性化推進委員会について」

かねてより、事業仕分けを臼杵市においても実施して欲しいと主張してきました。
今後財政はますます厳しさを増してくることが予想され、市民生活に使える予算が減ります。
事業の廃止や撤退を決断する必要が生じています。
その際の手法として、市民参加による公開の場での議論による「事業仕分け」は大変有効です。

市長はこれまで実施してきた「サービス検証システム」により、仕分けたいとの主張です。
外部評価機関として「臼杵市行財政活性化推進委員会」が設置されています。
「委員会」で「事業仕分け」同様、喧々諤々の議論を経て廃止も含めた評価が下されているか確認せねばなりません。
そこで質問、「委員会での評価を公開していただけませんか?」

二つ目は、「教育旅行の誘致について」

「吉四六さん村グリーンツーリズム研究会」は約14年前から地道な「農村民泊」に取り組んできています。
甲斐あって、昨年は385名の宿泊客を受け入れています。
中には、小学生120名、中学生40名、シンガポールからの修学旅行生108名、韓国からの農業研修生66名が含まれます。

今年度は、既に661名の宿泊客を受け入れています。
韓国からの農業研修生も「口コミ」でその数が大変増えてきています。
民間主導でのグリーンツーリズムの取り組みは大変貴重で、これまでのご苦労が偲ばれます。

近年、都市部、特に北九州市の中学生を初めとする体験学習の場としてのグリーンツーリズムへのニーズは大きく、九州各県が奪い合いの様相を呈しています。
「吉四六さん村グリーンツーリズム研究会」でも受け入れを推進したいと考えています。
しかし、受け入れのためには、様々なニーズに応じた体験メニューの提供や行政のバックアップが不可欠です。
受け入れ家庭の開拓も進めていかなければなりません。
これまでのような研究会事務局主導の体制では、教育旅行の誘致には大変困難な状況です。
そこで質問、「教育旅行誘致のための体制の整備を行っていただけませんか?」

三つ目は、「住環境の整備について」

高齢化の進展により、歩いて暮らせるまちづくりは大変重要な政策課題です。
「新地」の歩道は、真ん中に電柱があり、段差もひどく大変危険な状況にあります。
自転車で通行中に怪我をした方も多くおり、歩行器を利用する高齢者は車道を歩く有様です。
スーパーマーケットにも隣接し、利用者は大変多くなっています。
市役所もそのような状況を認識しつつ、これまで何の対策も行っていません。
そこで質問、「新地の歩道を利用しやすいように改良してくださいませんか?」

四つ目は、「介護予防サポーターについて」

江無田地区では、週2回の「健康教室」を実施し、介護予防や認知症予防に大変効果をあげています。
これを全市に広げれば、お年寄りが自立して暮らすことができ、家族の負担軽減や介護及び医療費の削減にもつながる一石三鳥の取り組みとなります。
「健康教室」の介護サポーター養成講座を開催したところ多くの応募者があったと聞いています。
このような意欲のある方々にぜひ各地区の「健康教室」で活躍していただきたいと願います。
そこで質問、「介護サポーターの活用策は?すなわち、活躍の場作りをどのようにすすめますか?」

2010年12月6日月曜日

大手門周辺整備・活用市民意見交換会 3回目

3 件のコメント:
3回目の意見交換会が開催されました。
前回、2班に分かれて意見を出し合い、それぞれの班の意見が概ねまとまりました。
今回は、それぞれの班の意見の確認の後、班の考えを出し合い、意見交換を行いました。

稲葉家別邸については、西側は市民のための和室のスペースとして、また、中央から東側は文化財として大切にしながらも来訪者へのおもてなしのスペースとして活用するとの方向。
両班ともほぼ同じような考え方でした。

大分銀行跡については、案内所と臼杵を紹介するスペースをとの方向はおなじですが、2班は、物産館のような機能をとの意見。
私たち1班は、臼杵の紹介スペースでも手狭。
物産館としては、位置的にももったいないし、スペース的にも無理なので、まちなかのサーラ・デ・うすきに持っていくべきとの意見。

サーラ・デ・うすきは、2班は市民の交流スペースという意見。
1班は、物産館としての機能を持たせるとの意見。

大分銀行と隣接する生協駐車場、1班はこの際「子ども公園」と交換し、将来の資料館のスペースとして市が確保しておくべきとの意見。
2班は、必要なスペースであるが、将来の課題との意見。

次回、これらの意見の相違について、条件整備を行ったうえで再度意見交換を行います。

チャリティーショーの放映

0 件のコメント:
チャリティーショーの様子をぜひケーブルテレビでご覧くださいと書きました。
ところが、ケーブルテレビ放映はここ数年なくなっているそうです。
理由は、ケーブルテレビ放送があると見に来る人が減るからだそうです。

チャリティーショーの会場は1000人入ります。
券は、いろいろな方に購入依頼され、多分1000枚以上売りさばかれていると推察されます。
しかし、当日の入りは半分くらい、最後の踊りの時には3割くらいの入りであったと思います。

券を買った方でも、当日会場に来ない方はたくさんいらっしゃいます。
また、券を買わなかった方でも見たい方はたくさんいらっしゃると思います。
ぜひ、来年はケーブルテレビ放送を行っていただきたいと思います。

2010年12月5日日曜日

チャリティーショー

0 件のコメント:
社会福祉協議会主催のチャリティーショーに出演。

プログラム2番「豊後さくら太鼓」これまで毎回出演しています。
毎年このチャリティーショーにむけて新しい演目を練習、準備します。
今年は若手が加入、華やかに演じることができました。

私はといえば、後ろで竹をたたくのですが、間合いに大太鼓の独演があります。
これがいつも苦痛というか緊張します。
日頃ほとんど練習しておらず、ほぼぶっつけ本番。
何とか大失敗をすることなく終え、ほっとしています。
次は練習して望むぞー。

プログラムの最後、市議会議員有志による「ヘルサイユのはら」
男役5名、女約6名で、私はドレスを着て女装しての出演。
気位の高い、男性から迫られる役どころです。
約10回の練習と直前の特訓の成果もあり、皆、大変よいできと褒められました。

踊りが進むにつれて、何だかとても楽しくなって、思い切り派手に演じました。
ぜひケーブルテレビでご覧ください。

2010年12月4日土曜日

ケーブルテレビのこと 2

2 件のコメント:
昨年度、臼杵ケーブルネット株式会社は234万円の利益を計上しました。
臼杵市が51%の出資をし、市のケーブルテレビの運営を行うために設立された会社です。
利益は、配当にまわさず、赤字の補填や不測の事態に備えるべきと考えます。

会社の監査役は2名いますが、出資者の民間会社の社長がその役についています。
会社の業務は、その全てが市のケーブルテレビ関連の事業です。
臼杵市が51%の出資をしていますので、業務内容についての一番の責任は市が負うべきものです。
会社の監査役として、市の相応の立場の方が監査役につくべきと考えます。

まずは、以上2点についての市の考えを問い合わせ中です。

うすき旬食フェスタ

0 件のコメント:
うすき旬食フェスタが開催されました。
日曜日に開催のチャリティーショーのリハーサルを終え、会場の「久家の大蔵」へ。
「土の元気、野菜の元気、人の元気」~いのち輝く元気野菜のひみつ~
NPO法人大地と命の会 理事長吉田俊道氏の講演

微生物いっぱいの元気な土から生まれる野菜はビタミン・ミネラル・ファイトケミカルが抱負。
今の一般に市販される野菜に含まれるミネラルは激減している。
「おいしい野菜ほど虫も食う」は嘘、虫は不健康な野菜を選んで食べる。
生ゴミは最高の宝物、微生物が分解し、抗酸化物質やミネラルを生み出す。
誰の体にも一日5000個の癌細胞が生じるが、免疫力により退治できている。
有機無農薬野菜を丸ごと食べ、生命力の源泉であるビタミン・ミネラル・ファイトケミカル摂取を。
臭い糞尿や生ゴミが微生物のおかげで、いい香りの土になり、元気でうまい野菜を作る。
地球の物質は循環し、同時に地球上の生命は食物連鎖を通して循環している。
などなど。

赤峰勝人さんの「循環農法」と通じる考えばかり。
臼杵に「土づくりセンター」も完成、春からは「うすき夢堆肥」の販売も始まります。
「有機無農薬」を旗印に、元気な野菜が育つまち「臼杵」を目指したいものです。

2010年12月3日金曜日

ケーブルテレビのこと

0 件のコメント:
ケーブルテレビは、私たちの支払う受信料と一般会計からの繰入金などで運営されています。
ケーブルテレビ関連の臼杵市の予算規模は、約7億3千万円。

収入内訳は、
受信料などの収入が2億8千万円。
一般会計からの繰入金(税金投入)が2億6千万円。
市債(借金)が1億2千万円。
国庫補助金が7千万円。

支出内訳は、
放送業務等委託料が8千万円。
伝送路等管理委託料が4千万円。
備品購入費等が2億円。
公債費(借金払い)が2億8千万円。
積立金が2千万円。
他に職員の給料やケーブルテレビの建物の管理費やリース料などです。

実際の運営は、臼杵ケーブルネット株式会社が、指定管理者として行っています。
その売上高は、約1億6千万円で、臼杵市からの委託料が9千万円を占めています。
昨年度の利益は、234万円。

-------
相当な額の予算がつぎ込まれています。
市民生活に大きな利益をもたらすよう運営されなければ宝の持ち腐れとなります。
間違えば、金食い虫となります。
ケーブルテレビの中身について勉強してしっかりと取り組むよう叱咤激励を受けました。

今後、衛星デジタル放送や地上波デジタル放送の進展により多チャンネルを目的とした加入率の向上は望めなくなりそうです。
全世帯がケーブルテレビを視聴しているわけではなく、重要な情報の伝達には利用できません。
また、現状では、市民チャンネルもケーブルテレビ視聴の動機付けになりそうもありません。
「新しい情報をどんどん流してほしい」「同じ内容が繰り返し流れる」「議会放送も2回しか流れない」などの声もあります。

私たちのケーブルテレビの未来をどように描くか、しっかりと考えねばなりません。